fujino

    はなごよみ つきごよみ くらしごと
    第11回『旧暦弥生十六日 望月』

    姫著莪 ひめしゃが
    花言葉:友達が多い 反抗

    春の終わりから
    夏の始まりにかけて

    日陰で花を咲かせる
    ひめしゃが

    白、水色、薄むらさき

    華やかな顔立ちなのに
    静かに控えている佇まい

    「隠れている私を見つけて」

    胸に響く
    もうひとつの花言葉

    ささやき声が
    聞こえてくるようです

    この季節、里山の斜面で
    一斉に花を咲かせ
    こちらを見つめています

    今宵、弥生の満月

    スポットライトのような
    光を浴びたひめしゃがを

    見つけてみてくださいね

    次回、5月4日

    弥生下弦の半月のころに
    お届けいたします

     

    はなごよみ つきごよみ くらしごと
    第10回『旧暦弥生九日 上弦』

    菫 すみれ
    花言葉:謙虚 誠実

    可憐で繊細なすみれ
    ひっそりと
    花を咲かせるいじらしさ

    でも

    ほんとはとっても強くて
    たくましい子

    春先から五月ころまで
    街の歩道でも

    けなげに花を咲かせます

    野の花は
    強い力がたくさん宿っていて

    道ゆく人々に
    エールを
    送ってくれています

    足元の小さな応援団

    次回、4月27日
    弥生の月が満ちるころに
    お届けいたします

     

     

    はなごよみ つきごよみ くらしごと
    第9回『旧暦 弥生朔日 新月』

    片栗 カタクリ
    花言葉:初恋 耐え忍ぶ

    寒さを耐え
    ほんのりうつむきながら
    春に花を咲かせるカタクリ

    恥ずかし気に
    静かな恋心を
    そっと胸に秘める姿

    自然に群生するカタクリは
    絶滅危惧種として
    大切に守られています

    根を深く深く伸ばし
    初夏には眠りにはいります

    ゆっくりと時をかけて
    また春のはじまりを告げに
    訪れる妖精のような花

    弥生、ことし3回目の月が
    また巡りはじめました

    次回は4月20日
    上弦の半月のころにお届けします

     

    はなごよみ つきごよみ くらしごと
    第8回『旧暦 如月廿三日 下弦』

    春蘭 シュンラン
    花言葉:控えめな美

    この季節
    うす緑の花を咲かせる春蘭

    花言葉の示す通り
    静かにその美しい姿を
    見せてくれます

    古くから
    祝いの花として愛される花

    はじまりの季節

    祝福の春となりますように

    次回、月は新たな巡りを迎えます
    4月12日 弥生の新月に
    お届けいたします

    はなごよみ つきごよみ くらしごと
    第7回『旧暦 如月望月 』

     

    桜 サクラ
    花言葉:純潔

    それぞれに想う桜の景色

    夢見草
    曙草
    花王

    いくつもの名を持つ桜

    儚くもろい様を
    あらわす

    『徒 (あだ)』

    という言葉で呼ばれることも

    徒名草
    徒桜

    あだなぐさ
    あだざくら

    儚さとたおやかな強さ

    今年もまた桜は
    人々にやさしい励ましを
    届けてくれます

    今宵、如月の望月

    月明かりとともに

    みなさまの心に
    あたたかなともしびが
    灯りますように

    次回、下弦の半月 4月4日に

     

     

Information

花のこと