fujino

    はなごよみ つきごよみ くらしごと         第1回『旧暦 睦月朔日』

    2021年2月12日 旧暦新年より

    うたかたのharuさんによるコラムを

    新月 上弦  満月  下弦 と月の巡りに合わせお届けさせていただくことになりました。

    haruさんのお父様が描かれた優しいお花の絵とともに愉しんでいただければとおもいます。

     

    第1回目は『旧暦 睦月朔日』です

     

    福寿草 フクジュソウ
    花言葉:永久の幸福

    大地に近いところで
    黄色い花を咲かせる福寿草。

    寒い冬を耐え、
    我先にと春を告げる可憐な花。

    旧暦元日のころに開花し
    ガンジツソウ・サクジツソウとも呼ばれます。

    サクジツとは「朔日」と書き、
    旧暦ついたち、新月の日をさす言葉です。

    今日(2月12日)は、旧暦新年。
    最初の新月の夜。

    月のない夜は神秘的。

    すっと背筋を伸ばし
    目に見えぬ月の力に思いを寄せて
    新しい年のはじまりを感じてみてくださいね。

    次回は2月20日
    上弦の半月のころにお届けします。

    うたかた haru

    うたかたharuさんのコラムがはじまります

     

    はじめまして。

    うたかた haruと申します。

    野に咲く可憐な草花を
    ご紹介する機会をいただきました。

    新月から新月までを一月と数える「旧暦」
    夜空を眺め月の形で「いま」を知る

    古の人々は自然とのおつきあいが上手でした
    その知恵をいまの暮らしにとりいれる

    そんなお話を。

    新月、上弦、満月、下弦。
    月の巡りにあわせ、お届けいたします。

    初回は1月12日 旧暦の元日から。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    感性溢れるKid’s Lesson!敬老の日にお花を贈ろう

     

    先日のキッズレッスンにご参加下さりありがとうございました。

    おじいちゃん・おばあちゃんのために、花を選びアレンジメントを作りました。

    躊躇なくお花を挿していく姿に子供達の感性の素晴らしさ、ダイナミックさを感じました。

     

    お母さんが、『これどう?』『こっちの方が良くない?』と声をかけると

    『お母さんは触らないで。これでいいの!あっちいってて。』と

    自分で決めて作る満足感を大いに味わっていたように感じます。

    みんなの可愛い笑顔に癒された一日でした。

     

     

     

     

    フローリスト養成コースがはじまりました

     

    今年の4月から新しいレッスンコース『フローリスト養成コース』がはじまりました。

     

    お仕事としての技術・知識・完成度の習得を目指しながら

    人間力も高めれるレッスンにしたいと思い、奮闘しています。

     

    他のコースとの大きな違いは、作品が自分の好みや自己満足ではいけないということ。

    ご依頼主さまに喜んでいただけるよう またのちにお務めした花屋さんに貢献できるよう

    私が花の仕事に就いたきっかけや、体験談 (もちろん失敗談)も交えながら

    ヒアリング力  提案力  発想力  伝達力   制作力

    季節ごとのお花の種類やラッピング技術まで

    お伝えしたいことは尽きません。

     

     

    お花の扱い方や、言葉遣い、何気ない会話や 物の扱い方に、その人がでてきます。

    お花の作品にもその人らしさが必ずでます。

     

     

    どんな仕事もそうですが、花の仕事はとても大変です。

    でも私にとっては、大好きな魅力のある仕事です。

     

    お互いに自分らしいお花づくりを目指してみなさんと一緒に頑張りたいと思います。

     

     

     

    お花を長持ちさせるために

    暑い毎日ですが、少しでも切り花を長持ちさせる方法をお伝えします。

    お花は清潔なお水・フラワーベースを好みます。

    お水は濁る前に(夏はできれば毎日)交換し、フラワーベースも中性洗剤で洗います。

    綺麗なお水に、切り花延命材を入れ、切り戻したお花を生けます。

    と、よく聞く方法ですがもう少し細かく説明します。

    バラやトルコキキョウ、ランなどはたっぷりのお水にガーベラなど節がなく茎が柔らかいお花はお水を少なめにします。

    葉がお水に浸かっているとその部分から痛んでしまいますので、下の部分の葉は切り落とします。

    茎や葉の色が変色していたら、痛んでいる証拠。そのままにしておくと痛みは広がります。思い切って短くカットし小さな花瓶で楽しんで下さい。

     

     

    お水の交換をする時、茎にヌメリを感じたら水で洗い流します。

    さらに、切り戻しをするハサミも除菌シートや、中性洗剤で刃の部分を洗ってから使用すると雑菌の繁殖を防ぎます。

    私が今年から試している事は、フラワーベースを洗った後水分を拭きとり、フラワーベースの内側に除菌スプレーをシュッシュ。

    そこにお水を入れます。お花の茎(給水する部分は避けます)にもシュッシュ。

    水の濁りが遅くなりますので是非試してみて下さい。お花は、涼しく、風通しがよく、直射日光の当たらないところを好みます。

    置き場所によっても持ちが変わりますので気にかけてみて下さい。

Information

花のこと